デトックスのコツは楽をしようとすること

デトックスの本来の意味は、アルコールや麻薬などの中毒を治療する、いわゆる解毒という意味で使用される単語です。デトックスはこれらを外へ出して、体内を解毒するための能力であり、私たち人間を含めてすべての動物に生まれつき備わっている能力でもあります。ちなみに人体は体にたまった老廃物を様々な所から排出しようとします。具体的には、便75%、尿20%、汗3%、爪1%、毛髪1%の割合で排出される仕組みになっています。

体の中で胃腸や腎臓や肝臓が頑張っているわけです。もっと分かりやすく言えば昨日飲んだアルコールやカフェインなどの分解と代謝もデトックスです。最近ではスマホやSNSを一切使用しない期間を設けて精神的な開放とリフレッシュを図るデジタルデトックスというものも流行っているようです。ちなみに私はよくアルコールやカフェインを多用します。分かってはいるけどやめられないです。以前はそのせいか、寝てもからだがいつも重かったのですが、ただ寝ているだけではなくちょっとだけ意識的にデトックスをするようになってから寝覚めが良くなりました。週末になるとジムに通い、運動した後に水分を摂ってサウナと水風呂を往復します。汗と共になんだか代謝が良くなって健康になった気がします。大切なのはデトックスをすることを義務だと思わずになんとなく体が健康になっていっているという楽な気持ちになることがデトックスをうまくやるコツだと思います。あとは乳酸菌類を摂って腸内環境を改善すれば腹の具合が良くなってさらに健康的な気分になれます。デトックスとはいっても大部分が内臓などの働きに依存しているためお風呂に入ってゆっくりする、何かしらストレスを発散できるものを見つけるという事が最大のデトックスになるのかもしれません。